世界最高速度965キロの高速輸送システム

ヴァージン・ハイパーループ


 ┃世界最高速度965キロの乗り物が試験運用に成功

米ネバダ州ラスベガスの全長500mの実験線で有人試験運転を実施したヴァージン・ハイパーループ

ハイパーループ・ポッドループ状のパイプの中を走る磁気浮上を使った乗り物で、パイプの中を真空にすることで空気抵抗を無くし、最高時速600マイルで移動できるとするもの。

まだ実証はされておらず、今回500mの試験運用を成功させたばかりです。


600マイル=965キロというと、ジェット機とほぼ同等のスピードとなり、東京⇔名古屋間352キロをなんと30分で結べるスピードという事になります。


hyperloop
 

真空の中を高速で移動する同システムは今回ヴァージン・ハイパーループの幹部二人が搭乗して試運転で人体に影響がない事を証明した。
今回は試運転ということもあり時速100マイルほどでテストしたとの事です。


今後は10年以内にはプロジェクトを実現するとの見通しを示しており、近い将来移動システムとして確立して実用化に向けたプロジェクトが始動する可能性もあるようです。


簡単には進まないとは思いますが、ワシントンとニューヨーク間367キロを29分で結ぶ構想だとか。


テスラのイーロン・マスク(CEO)も同様の計画を提唱しており、こちらは車に乗車したまま、真空化はしないループの中を移動する手段を構想しているとのことです。

具体的に同社はラスベガスループと呼ばれるシステムを建築中です。



いずれも構想段階で実現するのかはまだわかりませんが、計画から数十年の時間が経過しても実現まで程遠いリニアモーターカーと比べると、実現するまでの時間はかなり短いものになりそうです。


リニアモーターカーは構想から実現が早ければ、もっと日本から海外に向けて売り出すチャンスもあったかも知れませんが、今やリニアモーターカーの倍近いスピードの移動手段も出てきているので、巨額の開発費をかけて実現するリニアモーターカーを海外に向け売り出せなくなると、投資の採算が取れなくなるのではと心配になりますね。


今後は技術の進歩によりもっと快適で、安全な移動手段も出来るのかも知れませんが、チューブ状のパイプの中を移動する方法は昔から未来の都市のイメージとしてよく描かれていたので、とうとうそういう時代が来ると思うと少し興奮しますね。


移動速度が速くなり、世界は今後もっと狭くなっていくのかもしれませんが、いったいどこまで早くなっていくのでしょうか。


リニアモーターカーも完成すれば品川駅周辺には大きな変化を伴うでしょう。

今後は東京の玄関口が品川に移っていくとのお話もあるので、不動産を購入するには品川にアクセスの良いエリアもねらい目かもしれませんね。


First Hyperloop Passenger Test 動画はこちら↓



弊社セミナーお申込みはこちら

https://form.k3r.jp/jpreturns/088


個別相談会お申込みはこちら。
室田がご相談に乗ります。
https://form.k3r.jp/jpreturns/murota

あなたの売りたい物件が……。実は??

不動産売却のコツ



前回所有物件を高く売るコツについてお話させていただきましたが、実は売却をお預かりする仲介業者によっては、売主に不利になる動きを取っていることがあります。


それが何かというと、

まず、業者の取る仲介手数料の仕組みからお話します。

┃仲介手数料の仕組み

仲介で売買を預かる仲介業者の手数料は、物件を売りたい売主から売却の依頼を受けて成約した場合に仲介手数料を売主から貰います

さらに、買主もその業者が直接見つけてきた場合には買主からも仲介手数料をもらえる仕組みになっています。

両方から手数料を貰える状態を俗に両手といいます。

逆に買主を他の業者が見つけてきた場合には買主の手数料はもらえず、客付けした業者が貰うことになります。これを片手といいます。


同じ物件を成約するのに直接客付けできれば、貰える手数料が倍になるという事です。


この手数料が業者にとっては非常に大きいのです。


この事情が悪意を生むことがあります。


┃売主に不利な業者の存在

それが何かといえば、例えば売りたい物件の仲介を業者にお願いしたとします。

業者は売買の依頼を預かります。

しかし、その業者が自分の店で客付けができる自信の持てる物件であった場合、流通機構などのポータルサイトには期限ギリギリまで掲載しない事があります。

他の業者に物件の紹介をさせない為です。


さらには掲載してすぐの問い合わせなどは、他業者から電話で在庫確認が入っても「申し込みが入っています」と嘘をついて断っている事があるのです。


中古住宅取引透明に 国交省、開示強化で売買促す
中古住宅取引透明に 国交省、開示強化で売買促す 2015/12 日経新聞より


自分の売りに出している物件でこの様な対応を取られている可能性があるとしたらどうですか?

買い手から問い合わせが来ているにも関わらず、それを嘘をついて断っているのです。

両手の手数料を優先するため、他社からの問い合わせを断って客付けを自社ですること、要は自分の成績を優先して物件の販売を独占しているという事です。


業者としてはあるまじき行為ですが、私も物件の問い合わせなどをしていると違和感を感じる対応が多々あります。


私の感覚としては財閥などの大手仲介業者の時にこういうパターンを見かけることが多いと思います。


大手仲介はお客様も多く、ポータルサイトなども自社の大きなサイトがあるため、その分買い手が付く可能性は高いかも知れませんが、売主からしてみれば買いたいと問い合わせて来ているお客様に嘘を付いて断っているとすれば大きな不利益になります。


本来はもっと早く売れていたり、高く売れている可能性もあるかも知れないのです。


依頼する仲介業者や担当によっても違いはあるかも知れませんが、いい物件はそれだけ客付けも楽になるので、こういう悪意のある行動を取られる可能性も高くなります。


┃リスクの回避方法

このリスクを回避するには、専任媒介ではなく一般媒介にして数社に同時に売却依頼をかける方法が有効です。


この様な事がないように、もう少し不動産の流通についても透明性のある仕組みができればとは私も思いますが、現状そういった事が起きている可能性は否定できません。


物件を売却する際はいくつかの業者に並行して依頼をかける事をおすすめします。

小さくても丁寧で一生懸命やってくれる業者もたくさんありますので、必ずしも会社の規模と信用はイコールではありませんのでご注意を。



弊社セミナーお申込みはこちら

https://form.k3r.jp/jpreturns/088


個別相談会お申込みはこちら。
室田がご相談に乗ります。
https://form.k3r.jp/jpreturns/murota

ブログリーダーで読者登録

売却時に不動産を高く売るコツ!㊙

不動産売却のコツ


不動産を売却する際のコツ。

高く売れば利益になるので当然高く売りたいところですが、高すぎると逆に買い手が付かなくなる可能性もあるので難しいところです。

売却時に高く売るコツ、知りたくないですか?


高く売るコツは実際いくつもあります。


まず、全ての物件に共通する事項から説明します。


売却時に高く売るコツ①販売図面の作成
一つ目は販売図面の作成です。

この販売図面には物件の詳細な情報が全て記載されています。

しかし、業者によって図面の作り方は様々。

実際見ていてもこの図面で売れる訳がないと思う販売図面も多々あります。

私も仕入れを担当していたこともあるので、物件を検索したり、問い合わせて買い付けたりする事も今でもあるのですが、販売図面がずさんで見る気にならないとか、必要な情報が書いていないと面倒なので飛ばしてしまったりします。

販売図面の写真がキレイだったり、見やすかったり、きちんと必要な情報が詳細に記載されている事がまず何よりも重要だったりします。


売却時に高く売るコツ②AD(広告料)の支払い

次に高く売りたい場合に割と効果が高いのはAD(広告料)の支払いです。

仲介手数料とは別に、広告料を支払う約束を付けて販売します。

ADを付ける事で業者は他の物件を売るよりも広告料が追加されると多く手数料がもらえるため、他の物件よりも優先して紹介してくれます。

これは賃貸の募集の際にも有効な方法ですが、問い合わせの数が賃貸よりも少ない売買の場合はより有効です。

早く高く売れる可能性が圧倒的に高くなります。


売却時に高く売るコツ③募集条件の変更

投資用の物件を売却する際には他にもやり方があります。

近々売却も検討している物件なら、入居者の入れ替えの際に募集条件を変えます

例えばフリーレントや、礼金免除、ADなどの入居者や仲介業者にとって魅力的な条件を付ける代わりに、家賃を相場よりも高めに設定するのです。

こうすると、礼金やフリーレントがついているならと高い家賃に妥協して入居者が入ることになります。

家賃が高く付くと見た目上の利回りが高くなります。

結果、売買の時は他の投資商品よりも魅力的に見えるので、高く売れる事になるのです。


売却時に高く売るコツ④住居として販売

ファミリータイプの物件の場合はまた考え方が違います。

特に1LDK以上の物件の場合は、住居として売り出せる特性があります。

ワンルームマンションにはない需要でですが、住むために買う方がいるのです。


この場合は、賃貸の入居者が抜けて空室になった時が売却のチャンスです。

入居者が入っている内は投資物件となり投資家にしか売る事ができません。

空室の時だけ住居として販売できるのです。


基本は投資家の数よりも、実需(住むための需要)の方が圧倒的に数が多いのです。

当然、空室で売り出した方が早く高く売れる可能性が高くなります。

ファミリータイプの物件の場合、売却の際の鉄則となるので、これは必ず覚えておいてください。


ただし、入居者がいつ退室するかはわかりませんので、売却のタイミングが自分では図れないのが難点です。

入居者がついている内は家賃が取れているので不利益は無いはずですが、賃貸中の時と空室の時で売れる価格が1割ほど変わる可能性もありますのでこの点は守って頂く方が良いでしょう。

住宅として売れやすい傾向としては40㎡を超えている1LDK以上の間取りであることが条件となります。


他にも情報の更新の仕方や、仲介業者によっても効果の違いが出る事もありますので、コツが知りたい方はぜひお問合せください。



弊社セミナーお申込みはこちら

https://form.k3r.jp/jpreturns/088


個別相談会お申込みはこちら。
室田がご相談に乗ります。
https://form.k3r.jp/jpreturns/murota

ブログリーダーで読者登録

記事検索
ギャラリー
  • 世界最高速度965キロの高速輸送システム
  • 世界最高速度965キロの高速輸送システム
  • 世界最高速度965キロの高速輸送システム
  • あなたの売りたい物件が……。実は??
  • あなたの売りたい物件が……。実は??
  • 売却時に不動産を高く売るコツ!㊙
  • 不動産の相場とは?どうやって算出するの?
  • 2027年、大阪のあべのハルカスを超える高層ビルが大手町に
  • 2027年、大阪のあべのハルカスを超える高層ビルが大手町に
プロフィール

室田雄飛

現在の会社に入社後、設立初期より営業部を統括、本部長を務める。以降融資担当部長、流通事業部では仕入れ先開拓業務に従事、後に管理業務部等を歴任。
現在は自社セミナーを始め、様々な会社との協賛セミナーの講師を務めながら、常に世に発信する立場で不動産業に従事している。