サラリーマンの生涯の稼ぎの平均は??

生涯所得


前回に引き続き、様々な生活に関わる数字の平均を見てみましょう。


サラリーマンの生涯所得の平均はいくら位なのでしょうか。


サラリーマンの生涯所得の平均は??

サラリーマンの生涯所得の平均はインターネットで簡単に検索できます。

現在その金額は2億1,000万円程とされています。


中卒、高卒、専門卒、大卒とそれぞれの生涯所得の平均が出されています。

大卒の平均の生涯所得2億5,000万円だそうです。


生涯所得を働いている期間で割ると年当たりの収入になります。


生涯所得がわかっている以上、それ以上のお金は使えないとして考えると、例えば住宅のコストをここから引くとどうなるでしょうか。

例えば5,000万円の家を購入すると、平均ではもう1億6,000万円しか残りません。

1億6000万円÷38年なら年当たりは421万円です。

この生涯所得、みなさんは高いと感じるでしょうか。

それとも低いと感じるでしょうか。


生涯所得を変えるには

生涯所得を変えるには、今以上に働く、転職する、副業をする、共働きにする、運用する。

これ以外に解決する方法がありません。


転職するのはチャンスがなければ難しいでしょう。

副業は大抵の会社では禁止されていると思います。

今以上の残業や昇給は簡単にはできません。


となると運用か共働きが最も現実的です。

要は自分の労働からの所得の変化、上昇を望むのは難易度が高いという事です。


しかし共働きも子供がいる世帯は簡単にはできませんし、既に共働きである場合は他の方法を考えるしかありません。


結果、生涯所得に対しての生活設計とはその生涯所得の中で節約して生活するか、他の方法で生涯所得自体の金額を上げるかという選択になります。


投資や貯金をする際はまず所得の中から節約して資金を作りますよね?

捻出したお金を「貯める」のか、それとも「運用」するのか通常考えるのはこの二択です。

いずれにしても貯金も運用も自分の所得から節約して資金を捻出することから始まります。


不動産投資で生涯所得を変える!

そこで、不動産投資の場合はどうなるかというと、節約から始める投資ではなく生涯所得そのものを変えるところから始まる投資だということです。


例えば30歳から65歳まで35年ローンを組んで不動産投資を始めたとします。

月々15万円の家賃収入が入ってくる物件を買うと、年間では180万円の収入です。


10年運用すれば1,800万円35年なら6,300万円もの家賃収入を得た事になります。

生涯所得が2億1,000万円だったものが、3億1,300万円になるわけです。


運用中、取れた家賃収入はローンの支払いなどで自分の手元にはほとんど残りません。

ローン、管理費、修繕積立金、管理手数料、固定資産税、設備のメンテナンス等に家賃は充てられます。

しかしこれは自分のサラリーから節約して出すわけではありません。

大半の部分は家賃収入という給与所得とは別の収入が支払ってくれます。


もう一度繰り返しますが、


節約する→余剰資金を作る→運用する

これが通常の投資の順序です。


それが不動産投資の場合

所得を自体を増やす→増えた所得を運用に充てる


の順序なので、運用資金そのものを自分のサラリーから捻出する必要がなく、収入そのものを増やしたことによって、運用に充当できる資金を不動産自体が作ってくれるのです。

よって自分の生活は運用する前とほとんど差がありません。


生涯では6,300万円もの所得の違いを作り、その資金を全て資産形成、運用に充当できることになります。

自分の所得から節約して6,300万円もの運用資金を捻出するのは容易ではありません。

自身の生活の中から節約して捻出できる資金には限界がありますが、今の生活のまま運用の幅を大きく伸ばす事のできる不動産投資の可能性を、ぜひ一度検証してみてはいかがでしょうか。



弊社セミナーお申込みはこちら

https://form.k3r.jp/jpreturns/088


個別相談会お申込みはこちら。
室田がご相談に乗ります。
https://form.k3r.jp/jpreturns/murota

ブログリーダーで読者登録

住宅費の平均

住宅費


住宅は購入するか、賃貸に住むかで分かれますが、原則はなんらかの形で住宅費がかかっている人がほとんどです。

中には実家に住んでいて住宅費がかからないという方もいらっしゃるでしょうし、社宅で会社が住宅費を負担してくれているという場合もあるでしょう。


住宅費の平均 

ここではあくまでも平均の金額ですがなんと月々20,000円が平均との事です。

様々なケースがあるとはいえ、東京では2万円で住める建物がありません。。。


賃貸マンションなどを借りる際にも、審査の基準はおよそ年収の3分の1程度が住宅費の審査基準とされていますので、原則は年収によって住宅費の平均も通常は変わります。


東京に住んでいてそこそこの場所にワンルームマンションを借りるだけでも、7万円~8万円程度の家賃はかかります。

とてもこの平均値である2万円の家賃では生活はできそうにありませんが、実家で暮らしている方や地方のアパートなどでは家賃が2~3万円というお部屋も沢山存在します。


東京23区の1人暮らしの家賃の目安はおよそ8万円前後が平均との事。

大阪、京都、名古屋は6万円前後

福岡、北海道は4万円台が平均だそうです。


圧倒的に東京23区内の家賃が他県に比べ高い事が伺えます。


地域ごとに平均の年収も大きく差があるため相応の支払いという事になるのかも知れませんが、都心に住むことで住宅費の負担金額は大きくなることは間違いありません。


住宅費を投資に置き換えた場合 

これを投資に置き換えて考えると、一部屋のマンションを投資で所有した際に、福岡だと4万円台の家賃が取れ、東京だと8万円程の家賃が取れる事になります。


しかし、マンションにかかる管理費や修繕積立金、またエアコン1台の交換費用、給湯器の費用、リフォーム代などは金額にほとんど差がありません。


福岡のマンションを持っていて4万円の家賃を受け取り、そこから管理費、修繕積立金、管理手数料を払うと手残りは2万円台になってしまいます。

給湯器を交換して15万円の費用がかかると家賃収入の7ヶ月分が吹き飛びます。

東京のマンションを持っている方は約2.5か月分の家賃で回収が終わります。


こうなるとエアコンが壊れたり、リフォームをする度に家賃を大きく消費してしまう地方の投資は投資効率が悪くなる事があります。


東京の物件と比べれば割安で購入できるかも知れませんので、同じ金額を投資しても2件購入できる可能性はありますが、設備や管理コストも2倍になるので場合によっては手残りが少なくなり投資効率が落ちてしまう事もあり得ます。


賃貸のお部屋を借りる際は所得のおよそ3分の1が住宅費の目安とされています。


ということは、家賃が安くなるとそのお部屋に住まわれている方の収入も低くなるという事です。

逆に東京の高い家賃が支払える方はそれに見合う所得があるという事になるので、賃貸の入居者の属性も高くなる傾向があります。


その分、東京の家賃の高い物件になると家賃の滞納リスクや退室の際の精算でもめるリスク、家賃の値下げ交渉や礼金、更新料の交渉なども相談が入る可能性も下がるため、家賃が下がりにくく、安定して運用できる可能性が高くなります。


特に豊富な賃貸需要のある東京都心部は法人契約も非常に数が多い為、法人契約であれば値引き交渉や家賃の遅れも可能性がほとんど無い為に運用が非常に楽になります。


特に大手の外資系法人になると会社で負担する家賃の上限額45万円以下という様な会社も沢山あります。日本企業だと15万円という会社が多くなります。

東京の場所の良いファミリータイプのマンション等は20万円以上もの家賃設定になっているため、こんな家賃で借りる人がいるの?と聞かれることもよくありますが、東京都内の80㎡前後から上のマンションだと20万円以上の家賃設定はいたって普通です。


地方都市ではほとんど目にすることの無い家賃設定だと思いますが、東京ではその家賃でも借りる需要は豊富にあるということです。


もちろん学生にはかなり高額な設定となる東京都心部の家賃はサラリーマンの方や、法人の需要の方が多くなります。

学生さんはど真ん中の都心ではなく、少しエリアを外して家賃の相場が安いところに住んでいる事が多いでしょう。

地域ごとに大きく相場観に違いのある住宅費の平均は、それぞれの地域で平均を取らなければ正確な数字は把握しにくいということになりますね。



弊社セミナーお申込みはこちら

https://form.k3r.jp/jpreturns/088


個別相談会お申込みはこちら。
室田がご相談に乗ります。
https://form.k3r.jp/jpreturns/murota

ブログリーダーで読者登録

眠りが浅い人、不眠の方は要注意!?

睡眠


人は人生の内どれほどの時間を睡眠に使っているのでしょうか。

 

3分の1近くの時間を睡眠に充てているのなら、睡眠が質の良いものであるかどうかは身体にとって非常に重要です。

 

人間は7日間食事をしなくても生きていられる可能性はありますが、睡眠は不可能なのだそうです。

これはマウスでも検証されており、眠れない時間が続くと脳の一部が損傷することが証明されています。

食事が摂れない事と睡眠が取れない事では、睡眠が取れない事の方が生命に関わるダメージが大きいのだそうです。

 

それほど人間にとって睡眠は重要なのです。

 

眠りが浅い、不眠、寝つきが悪いなど睡眠のトラブルはいくつもあります。

私のお客様の中にも不眠症に悩まされている方もいらっしゃいます。

 

質の良い睡眠をとることが、生活のリズムの改善、身体、健康の改善にも重要です。

 
質の良い睡眠をとるコツ 

人間の身体は深部体温を1度近く下げることにより寝つきがよくなり、最初のノンレム睡眠の質がグッと高まるそうです。

皆さんも運動して体温が上がり、その後涼しいところで休んでいると身体から熱が取れてきて眠くなった経験があると思います。

身体の深部体温が運動により上がり、そこから下がって元に戻る事により眠気を誘うのです。

 

深部体温は上がった分だけ下がる性質があるため、寝る前90分以上前の時間にお風呂に入り、一旦身体を充分に温めます。

その後ゆっくりと元の体温に戻っていくことで自然と眠くなるということです。

 

逆に眠る直前の食事などは体温が上昇したり、胃などの内臓が活動する事で睡眠を邪魔してしまいますので寝る2時間前以降の食事は控えましょう。

 

また、人間は本来メラトニンという眠気を誘導するホルモンが分泌されており、強い光を浴びるとメラトニンの分泌が抑制され覚醒します。

逆に暗くなるとメラトニンの分泌量が増えて眠気を誘うという仕組みになっているため、寝る前にスマホと見るとスマホの強烈なブルーライトを浴びてメラトニンが抑制され睡眠を邪魔してしまい眠れなくなる事があるそうです。

眠る2時間前からはスマホをいじるのは控えた方が良いということです。

人間は睡眠時に成長ホルモンが何度か放出されます。

これにより身体の組織の修復や成長が促されますので、睡眠は非常に重要なのです。

 

また、翌朝水分や朝食をとる事も非常に重要とされています。

起床時は体内の糖分がほとんどなくなっている状態です。

糖質を摂取しないと筋肉を分解して不足している分の糖に変えることになります。

前日運動して筋肉の成長を期待しても、睡眠中に成長ホルモンが分泌されても、糖分が不足すると筋肉を分解する事になり筋肉量は逆に減ってしまいます。

 

筋肉量が減ると代謝が下がり結果として脂肪が付きやすくなります。

 

長い時間食事を摂らない時間が続くと、血糖値も下がり続けます。

そうなると血糖値が下がり過ぎた分、食事を摂った時に反動でインスリンが過剰に放出されます。

インスリンは肥満ホルモンとも言われ、さらに太りやすい体質になっていきます。

 

一つ一つの行動が少しずつずれていくと、結果として太りやすくなったり、眠れなくなったり、自律神経がバランスを崩したりして身体を痛める原因になります。

 

無理なダイエットや遅い時間の食事、朝食を摂らない。

湯船に浸からずシャワーだけの生活や朝お風呂に入る生活などから体の本来のリズムが崩れる事があります。

身体の仕組みを知り、そのリズムを守ることが何故大切なのかがわかると、生活をする際の意識が変わるかもしれませんね。



弊社セミナーお申込みはこちら

https://form.k3r.jp/jpreturns/088


個別相談会お申込みはこちら。
室田がご相談に乗ります。
https://form.k3r.jp/jpreturns/murota

ブログリーダーで読者登録

記事検索
ギャラリー
  • サラリーマンの生涯の稼ぎの平均は??
  • 住宅費の平均
  • 眠りが浅い人、不眠の方は要注意!?
  • 不動産だけができる年金対策の特徴とは?Vol.2
  • 不動産だけができる年金対策の特徴とは?Vol.1
  • うさぎと亀
  • 不動産投資は紹介業
  • 不動産運用の3大コスト(エアコン・給湯器・原状回復)
  • モグモグ不動産投資、今後の展望
プロフィール

室田雄飛

現在の会社に入社後、設立初期より営業部を統括、本部長を務める。以降融資担当部長、流通事業部では仕入れ先開拓業務に従事、後に管理業務部等を歴任。
現在は自社セミナーを始め、様々な会社との協賛セミナーの講師を務めながら、常に世に発信する立場で不動産業に従事している。